ビザ申請サービス
行政書士法人ACROSEED

帰化と永住の違いについて教えてください

外国人ビザ申請サービス(個人のお客様) > Q&A一覧 > 帰化と永住の違い
帰化と永住の違いについて教えてください
帰化と永住はどちらも在留期限が無いため、よく比較の対象にされることがありますが、国籍が変わる点で両者は似て非なるものといえます。

帰化の特徴

 帰化申請とは、日本国籍を取得する手続きです。

 海外の感覚では国籍は増えることこそあれ、失うものではありませんので「日本国籍が増えればよいかな」という気軽な感覚でご相談にお見えになることがあります。

 しかし、日本国政府は二重国籍を認めておりません。つまり、今の国籍を失い、日本国籍一択となることを迫られていることになります。

 一般的に帰化申請の要件には以下のようなものがあります。

①帰化の申請をする時まで,引き続き5年以上日本に住んでいること。
②年齢が20歳以上であって,かつ,本国の法律によっても成人の年齢に達していること。
③素行が善良であること。
④生活に困るようなことがなく,日本で暮らしていけること。
⑤帰化をする場合、無国籍であるか,原則として帰化によってそれまでの国籍を喪失すること。
⑥日本の政府を暴力で破壊することを企てたり、主張するような者でないこと。

 この点を理解されているのであれば帰化することにより、日本旅券の取得や選挙権を得られるといったメリットがあります。(一方で母国の旅券や選挙権を失うことでもあります)

 国籍を失うと生まれ育った国に行く場合もビザが必要になるなどの不便が出ることもあるでしょう。

 時折、帰化をすれば介護のために親を日本に連れて来られるというような噂を聞きますが、そのような事はありません。親の介護が必要となったものの、自分が日本人になってしまっていたため苦労されるという話も聞きますので熟慮が必要です。


永住の特徴

 一方、永住はビザの更新が要らなくなるだけで国籍はそのままです。

 したがって永住者となっても再入国許可の取得や在留カードの更新は引き続き必要で、これらの手続きを忘れると在留資格取り消しの対象にもなります。

 将来は母国で暮らしたいと考えている方には永住申請をお勧めします。


永住と帰化のメリット・デメリット比較

永住 帰化
メリット ・在留期限、活動内容に制限がない
・母国の国籍を維持できる
・日本国籍の取得
・日本のパスポートを取得できる
・日本人と同じ権利が認められる
デメリット ・退去強制に該当する可能性がある
・参政権、社会福祉など、日本人と同等の権利が認められるわけではない
・母国の国籍を捨てなければならない
・国によっては母国での生活に支障をきたす可能性がある

子や孫への影響

 永住権を取得した場合には、子供や孫が日本にいれば、一般的には「永住者」や「永住者の配偶者等」などの優遇された在留資格を比較的簡単に取得することができます。

 一方、帰化申請をした場合には、ほとんどのケースで子供や孫も日本国籍となります。

 このように帰化申請や永住申請は本人だけでなく、その家族や子供にも大きな影響をあたえる可能性があります。将来の生活プランなどを家族と話し合った上で、申請するようにしたほうがよいでしょう。


永住・帰化後の生活

 永住権の取得後も外国人であることには変わりませんので、海外に出国する際などには再入国許可が必要となります。また、在留カードの更新なども行わなければなりません。

 一方、帰化申請をした場合には日本人になるので、日本のパスポートでの出入国となますが、母国に帰るためにビザが必要となるケースもあるため、慎重に行動しなければなりません。


帰化と永住はどちらが良いかのまとめ

 帰化も永住もどちらもメリット・デメリットがあるため、どちらが良いかは人によるでしょう。

 悩んだ場合には将来的に母国に帰ることが頻繁にあるかを基準に考えるとよいかと思います。



Q&A監修者
Q&A監修者

行政書士法人ACROSEED
代表社員 佐野 誠

1998年 青山学院大学経営学部卒業
2001年 行政書士登録
国際行政書士として20年以上のキャリアを誇り、大手企業から中小企業までの外国人雇用コンサルティングや在日外国人の在留手続きを専門としています。

業務実績はこちら
著書はこちら

永住ビザ申請のQ&A一覧

永住ビザ(永住権)申請の条件を詳しく教えてください
帰化と永住の違いについて教えてください
永住申請の年収の条件があれば教えてください
永住申請を考えていますが会社の業務で海外渡航歴が多く、在留歴が心配です
自分で永住申請したら不許可になったので、もう一度申請したい
滞在年数が10年未満で永住申請はできますか?
永住申請をしたいのですが、交通事故があると不許可になりますか?
過去に不法滞在(オーバーステイ)をした事があります。永住権の申請はできますか?
永住申請の身元保証人の保証の範囲について教えてください
永住権はどんな時に取り消しされますか?
税金、年金、健康保険の未納期間がある場合、永住申請に影響しますか?
家族滞在から永住申請できますか?
経営管理ビザから永住権取得のポイントについて教えてください
定住者ビザから永住権を取得する場合のポイントについて教えてください
日本人配偶者ビザから永住申請する場合の注意点はありますか?
永住の許可率を教えて下さい。

永住ビザを取得されたお客様の声

VOL.139 A様(オーストラリア)
永住ビザ取得
VOL.135 A様(バングラディシュ)
3度目にして永住許可取得
VOL.112 R様(中国)
永住ビザ取得

永住ビザを取得されたお客様の声はこちら


Googleの口コミに頂いたお客様の声

外国人の日本永住ビザ申請

開業1986年、業界最多33,000件のビザ申請実績

許可率99.2%、多くのお客様に支持された安心サービス

交通費ご負担なし!一律価格で全国対応

難しい案件、不許可案件の再申請も許可実績多数

追加料金なし!明瞭な料金システム

不許可の場合は無料再申請で許可取得まで徹底サポート

ACROSEEDの業務実績
ACROSEEDがお客様に選ばれるわけ
お客様の声を見る
無料相談

無料相談・お問い合わせはお気軽に!(全国対応)

1986年の開業以来、日本入国や不法滞在でお悩みの方に出入国在留管理庁での各種手続きを40年近くサポートしています。

電話相談、メール相談、オンライン相談、ご来社での相談が可能です。また、英語対応も可能です。

法人向けサービス


ご依頼の多いサービス


個人向けサービス

1.サービス概要

2.ビザの種類別

3.手続き別サービス


Q&A


ACROSEEDについて