就労ビザ事例6

理系の大学卒業でも通訳翻訳の仕事で在留資格を取得できますか?


 就労ビザの「許可・不許可」の基本的な考え方は、学生時代の専攻内容とこれから働く会社の仕事内容がマッチすることです。それでは、理系出身者の外国人は通訳翻訳の仕事はできないのでしょうか。

 その点について、「大卒者」であれば出身の学部や学科を問わず通訳翻訳の仕事内容でも就労ビザを取得することが可能です。工学部・理学部その他どんな学部を卒業していても大卒であれば通訳翻訳で就労ビザが取れるということです。 大卒については、短大、大学、大学院が含まれまれ、短大卒も大卒者ということで許可される可能性があります。

 そして専門学校卒業生のような大卒でない場合は、学部と仕事内容のマッチングが重要です。 専門学校卒業生は大卒ではありませんから、取得した「専門士」の専攻内容が通訳翻訳に関わる単位を取得していない場合は、通訳翻訳の仕事で就労ビザの取得は厳しくなります。

 その為、当然ファッション専攻や調理専攻では、どれだけ日本語が堪能でも学歴用件には適合しないことになります。

関連ページへのリンク
技術・人文知識・国際業務ビザ申請 / 無料相談に進む 
外国人ビザ申請無料相談

ACROSEEDについて

ご依頼の多い案件

個人向けサービス

1.目的別サービス

2.手続き別サービス

3.ビザ別サービス

法人向けサービス

ビザ申請の基礎知識

1.ビザ申請の制度

2.ビザ申請が必要なケース

3.ビザ申請の注意点


ビザ申請関連サービス

外国人のための
起業・会社設立支援
外国人起業・会社設立サポートサービス
不法滞在、オーバーステイ時の手続専門サイト
在留特別許可申請サービス
外資系企業の日本法人
設立をトータルサポート
外資系企業の日本進出サポート
日本人と外国人の
国際結婚手続きサイト
国際結婚手続きサイト
アメリカ・カナダの
ビザのことなら
アルビスジャパン