ビザ申請サービス
行政書士法人ACROSEED

自分で配偶者ビザを申請したが不許可となったので再申請したい

日本人配偶者ビザQ&A
外国人ビザ申請サービス(個人のお客様) > 事例一覧 >不許可後の日本人配偶者ビザ再申請
自分で配偶者ビザを申請したが不許可となったので再申請したい
通常、ビザ申請が不許可となった場合には、不許可である旨を記載した通知書が送られてきます。

 しかしこれであきらめてしまっては配偶者の方と一緒に生活することはできません。

 たしかに不交付通知書には不交付である結果に加えてその理由が記載されています。しかし、記載されている内容は抽象的で、これのみをもって不交付の理由を分析することは非常に困難です。(専門家であればおおよその予測はつきますが、判断をあやまれば再申請の結果に影響を及ぼすことは必至です)

 やはり、具体的な理由を確認することは非常に重要なことだと思います。

 このような場合には入国管理局の審査官との面談を申し込み、詳細な説明を受けたのち再申請することをおすすめします。

 東京で言えば、品川の東京出入国在留管理局2階にあるD5カウンターで不交付の理由を聞くことができます。

 理由は1回だけしか聞くことができません。この理由を聞く際はカウンター内にある個室に通され、職員と対面でお話を聞くことができます。担当者が事情を確認するために若干の待ち時間を要しますが、かなり詳細に不交付の理由は教えてもらえると思います。

 担当者にもよりますし、聞き方もあるのかもしれませんが、「〇〇の点に問題がありました。次回は〇〇の書類も提出した方がよい」との意見を述べることもあります。逆にこちら側が「〇〇のつもりでした」等反論や文句を言ったとしても不交付という結果が覆ることはありません。再申請をするにしても前回と同じ事をしていたら結果は変わりません。改善すべき点を明らかにすることはことのほか重要です。

 残念ながら不交付となった前回のデータは入管には残っております。当然、再申請では過去のデータと齟齬がないかはもちろん、前回の不交付理由が払拭されているかについて確認されることになります。

 不交付の理由を確認することは入管とのズレを解消するためのチャンスととらえるべきです。方向がずれているのか、そうであれば方向修正すべきですし、立証ができていないのであれば、その点を強化すべきであり、不交付が絶対的なものでは無いと感じられると思います。

 再申請で確実にビザを取得するためにも、ACROSEEDでは経験豊富な行政書士が不許可時の対応などを指導するサポートサービスを提供しています。ご自身でビザ申請を行い不許可や不交付の通知を受けた方は、入国管理局へ行く前に1度ご相談ください。

 不許可の場合の再申請についてはこちらのページをご覧ください


日本人配偶者ビザのQ&A一覧

外国人と結婚したので日本人配偶者ビザを取得したい
自分で配偶者ビザを申請したが不許可となったので再度申請したい
不法滞在で退去強制になった配偶者を再度日本に呼びよせ、配偶者ビザを取得したい
配偶者または婚約者が不法滞在(オーバーステイ)で入国管理局に収容されたので助けたい
日本人と離婚したが、他の日本人と再婚することになったので配偶者ビザを更新したい
現在留学生だが、日本人と結婚することになったので配偶者ビザに変更したい
日本人の子として出生した外国人が成人し、単独で日本に在留する場合について
外国籍の夫と現在は海外に住んでいますが今後は日本で生活予定です。海外にいたままで在留資格認定証明書は申請できますか?
国際結婚をしましたが、在留資格認定証明書が不許可(不交付)になりました。どうすればよいでしょうか。
配偶者ビザの更新で気を付けることはありますか?
質問書を記入する際の注意するポイントを教えてください
配偶者ビザ申請の質問書 出入国歴の書き方
配偶者ビザ申請の質問書 語学力の書き方
配偶者ビザ申請の質問書 主語は誰か
夫が無職なんですが、日本人の配偶者等の更新ができるかが心配です。
短期ビザから配偶者ビザへの変更はできないのか。
いわゆる難民ビザ(特定活動)を持つ外国人男性と交際をしております。結婚をすれば配偶者ビザに変更できるのでしょうか。
技能実習生から日本人の配偶者等への変更は可能ですか?
インターネットで知り合った場合、配偶者ビザは審査が厳しくなると聞きました。質問書には書かない方がよいのでしょうか。

日本人配偶者ビザを取得されたお客様の声

VOL.182 H様(スリランカ)
留学ビザから日本人配偶者へ変更
VOL.177 M様(チュニジア)
日本人配偶者等の在留資格認定証明書取得
VOL.170 須田様、タジャマール ハサン様(パキスタン)
不許可後の日本人配偶者ビザ取得

日本人配偶者ビザを取得されたお客様の声はこちら


Googleの口コミに頂いたお客様の声

外国人の日本永住ビザ申請

開業1986年、業界最多33,000件のビザ申請実績

許可率99.2%、多くのお客様に支持された安心サービス

交通費ご負担なし!一律価格で全国対応

難しい案件、不許可案件の再申請も許可実績多数

追加料金なし!明瞭な料金システム

不許可の場合は無料再申請で許可取得まで徹底サポート

ACROSEEDの業務実績
ACROSEEDがお客様に選ばれるわけ
お客様の声を見る
無料相談

無料相談・お問い合わせはお気軽に!(全国対応)

1986年の開業以来、日本入国や不法滞在でお悩みの方に出入国在留管理庁での各種手続きを40年近くサポートしています。

電話相談、メール相談、オンライン相談、ご来社での相談が可能です。また、英語対応も可能です。

法人向けサービス


ご依頼の多いサービス


個人向けサービス

1.サービス概要

2.ビザの種類別

3.手続き別サービス


Q&A


ACROSEEDについて